スペース工房 ウッディクラフト・ジェピ ホームページ サンプルロゴ

お問合わせ
0123-456-7890
Products

リメイク缶103
リメイク缶103の詳細ページです

サンプルイメージ

久しぶりに空き缶をリメイクしてみました。花や観葉植物を植えたらその写真もUPしたいと思います。

製作過程(クリック拡大)

サンプルイメージ

リメイク缶に関しては、きれいな製作方法や裏技がWeb上にたくさんUPされています。もちろん、私もまねしてま~す。製作方法に関して詳細を書くより、他の方の秀作をご参考にされたほうがよいと思いましたので、簡単にご説明です。

ラベル付きリメイク缶

サンプルイメージ

用意したものは、1)コーヒー粉末缶(Key Coffee),2)ラベル、3)水性アクリル絵の具等。まず、缶に絵の具を塗るのですが絵の具が缶の表面にきれいに密着するように、プライマーを塗ります。今回使用したのは、ターナーのマルチプライヤー。2度塗り乾燥後に絵の具も2度塗り。2度塗り目は、1度目が乾いてから。。
ラベルの枠はWebのフリーサイトよりダウンロード。文字はイラストレータで挿入。日焼けしないようにトナー系プリンタより印刷しました。インクジェットは日光に弱いので屋外に不向き。その後、紙の端を線香でほんのり焼き、コーヒーに約15分漬けてアンティーク風に加工。ラベルが半乾き状態で裏に木工用ボンドをきれいに薄く塗り、絵の具が乾いた缶に貼ります。
ラベルが乾いたら茶色(白色)の絵の具をスポンジに付け、ポンポンと軽くたたきながらスポンジ跡が残るように。。サビ風に。。お好みで。。
サビ風絵の具が乾いたら防水用に水性ニスで軽く缶全体をコーティング。。
乾かして、完成です。

転写シール付きリメイク缶

サンプルイメージ

用意したものは、1)出所不明な缶(高さ5cm、直径8cmくらい)、2)転写シール(百均で購入)、水性アクリル絵の具。
まずは絵の具がうまく缶の表面に塗れるように、表面をサンドペーパーでゴシゴシ。鏡面がスモッグ程度になったらOK!(プライマーでも良いのですが、やっぱりサンドペーパーで磨いた方が絵の具のノリがいいです。シンドイけど。。)その後、絵の具を2度塗りして乾くまで待ちます。(できれば、1日。。)
お好きな転写シールをカットし、アイス棒?で均一にこすりましょう。私は猫、コウモリ、チョコレート系に。。やっぱり、大好きなチョコミント系の色。。防水用に水性アクリルニスで缶全体を軽くコーティング。。完了。観葉植物を植えて屋内に。最適。

ステンシルでリメイク缶

サンプルイメージ

用意したものは、1)ペール缶(百均)、2)自作ステンシルシート、3)水性アクリル絵の具。
まずは、缶の表面をサンドペーパーで磨きその後、絵の具を1度塗り(刷毛の跡がわざと残るように)。。
ステンシルシートは、ステンシル用のフリー文字をイラストレータで加工して印刷。A4クリアーフォルダーを半分にカットして1枚に。文字印刷した紙をクリアーフォルダー下にセロテープで固定して、上からカッターで一文字ずつカットして製作。
絵の具が乾いたらステンシルシートを缶の表面に固定して、上からスポンジで絵の具を付けポンポンと軽くたたきます。強くたたくと文字が染み過ぎで崩れますので、要注意。

多肉植物を植えてみました。

サンプルイメージ

早々にホームセンターに行き多肉植物を買ってきて植えてみました。
左からエリコイデス、千代田の松、福娘です。色々な名前があるので。。少し笑える名前も。。
植えた周りが寂しいのでビー玉を置いてみました。

材料費

空き缶 それぞれ 0
水性絵具 各少量にて 不明
多肉植物 コーナン 422
その他 手元にあったものなので 不明
ページトップへ戻る